真性包茎を病院で治療する場合

前述したように、自力で真性包茎治療を行うというのは、かなり大変なことです。
そういう場合は、自力で行うことをあきらめて、病院に行くことも選択肢に入れておきましょう。
せっかく勇気を振り絞って病院に行くものですから、できるだけ評判の良い病院、クリニックを選びましょう。
しかし、どんな施設を選べばよいのでしょうか。
最近では、様々な病院において、セカンドオピニオン制度が充実しております。
セカンドオピニオンというのは、ある病院で診断を受けた後、別の病院に行き、診断を仰ぐというものです。
一度病院に行ってしまえば、何度病院に行こうが、もう羞恥心というのは消えています。
納得がいくまで病院に通ってください。
その際、どのような施設がおすすめかと言いますと、すぐに切ろうとしない施設です。
基本的に、包茎というのは病気ではありません。
カントン包茎や真性包茎の場合は、日常生活や性交に影響がありますが。
病気ではないものに対して、すぐに切ることを勧める施設というのは、あまりおすすめできません。
切ってしまった方が多くのお金は入ってきますからね。
できるだけ、切らない方向で治療をしてくれる施設というのが評判が良いです。
質問に対して、丁寧な回答をしてくれる病院というのも、評判は良いですね。
例えば、患者の悩みを丁寧に聞いてくれる施設です。
そういった施設の場合、患者側が切ることを望んでも、そうしないことを勧める場合があります。
例えば、性交渉に満足いかないというような理由の場合は、早漏対策をすれば十分というのです。
もちろん、それでもきってくれと言われれば、切ってくれることでしょう。
そして、気になる費用です。
あまり高すぎるのも困りますが、安すぎても不安です。
真性包茎の場合は、日常生活に支障が出ていると判断されれば、保険診療の対象となります。
その場合、泌尿器科で手術をしても、10000円程度で治療することができます。
仮に、保険診療の対象外だとしても、泌尿器科であれば50000円から100000円程度です。
一方、美容整形外科などでは、100000円から150000円ほどかかります。
美容整形外科の場合、一般的には泌尿器科よりも仕上がりがきれいだとされています。
「ツートンカラー」対策もしてくれるところも多いです。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>