器具で仮性包茎治療をするには

ただし、自分で仮性包茎治療を行うには、欠点もあります。
日中皮をむいておくことが、仮性包茎治療といいましたが、日中に皮がかぶってしまうこともあります。
そういったときには、再び自分で皮をむかなければなりません。
しかし、状況によっては、なかなか下着の中に手を入れて、自分で皮をむく行為ができない場合もあります。
そういう場合には、どうすればいいのでしょう。
そういったときには、器具の力を借りましょう。
器具の力を借りれば、日中でも常時皮をむいた状態をキープすることができます。
わざわざむきなおす必要がありません。
では、仮性包茎治療をする器具というのは、どんなものがあるのでしょうか。
装着するタイプ、貼るタイプなど様々ありますが、その中でも最もメリットが大きいのが、塗って治療するものです。
塗って治療するとは言っても、決して軟膏のような塗り薬ではありません。
例えて言うならば、二重まぶたを作る接着剤と同じようなものです。
二重まぶたを作る接着剤は、もともとは人工的に二重まぶたを作るものです。
しかし、そのうちに二重まぶたの癖がついてきて、ついには二重まぶたになってしまうのです。
これと同じです。
ペン状になっておりまして、このペン先で亀頭の真ん中辺りをなぞると、接着剤のようなものが出てくるのです。
もちろん、この接着剤は人間に害はありません。
その部分に皮を貼り付けるのです。
そうすると、接着剤の効果で皮が再びかぶることはなくなります。
もちろん、接着剤の効果は永久ではありません。
やがては粘着力が薄くなり、はがれてしまいます。
そうしたら、また接着剤をつければいいのです。
これを繰り返していくうちに、皮には適度なしわができて、普段からむけている状態を作り出せます。
この方法のメリットというのは、人に見られてもばれないということです。
リングなどを使う矯正方法ですと、リングが見えて、矯正していることがばれてしまいます。
しかし、接着剤であれば、人前に出ても気づかれることはありません。
後ろめたい気持ちはないのです。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>